ブログ記事一覧

勤勉さは、一つの「美徳」!!

勤勉さは、日本人の持つ一つの「美徳」。

勤勉に努力することが、富や成功を引き寄せる「王道」。

「根性」「勤勉」「熱意」「努力」が道を開く時代。

日々常に「自分は勤勉かどうか」を問うこと。

社員全体が勤勉な会社は、不況期でも熱気があり、元気であることが多いものです。

一方、会社が傾いてくるときには、怠け者が増えてきます。

従って、自分の与えられた持ち場の中で「勤勉な努力を積む」ことが重要です。

又、勤勉な努力家としての生活信条、生活態度を持っていない人に

降りてくるインスピレーションには、気をつけなければいけません。

そういう人は“悪いもの”に影響を受けることがあるからです。

悪いインスピレーションを受けないためには、仕事や勉強において、

誠実で勤勉な生活態度を持つこと。それが、自分を護ることになります。

「生活態度を正し、正当な努力・精進の習慣を確立することは、

インスピレーションを受ける前提として非常に大事。」

勤勉で、富の創造を肯定する思想を持っていなければ、豊かにはなれないものです。

「勤勉」や「熱意」が道を開き、日頃の誠実で勤勉な生活態度が悪いインスピレーションを遠ざけ、

自分の運命を良い方向へと導いていきます。

「世を照らすために」生まれてきたのが私たちです。智慧と汗を絞って未来を切り拓いていく、

「自分自身を照らし、他の人々を照らす」という「目的のために」生まれてきている。

天国へ通じる道は、茨の道です。

額に汗し、智慧を絞り、共に手を携えて、一生懸命に努力しなければ、

その茨の道を歩んでいくことはできないのです。

「積小為大」の考え方を持って、勤勉に働いていくのは大切なこと。

コツコツと勤勉に誠実な仕事をする人、「世の中のためになる」ということを願いながら

仕事を積み上げていって、成功を目指していくことが大事です。

関連記事